おすすめCD ジャズお薦めつじあやの小林 桂コブクロアンジェラ・アキ秋川雅史
話題のドラマ・映画 チャングムの誓い 韓国ドラマ 華麗なる一族 黒田官兵衛 李香蘭・山口淑子花燃ゆ
懐かしい昭和の漫画 ゲゲゲの鬼太郎 鉄人28号鉄腕アトム赤胴鈴之助まぼろし探偵ガンダム
パソコンの話題団塊世代のPCライフ iPadと小物 iPadminiと小物 Nexus7と小物

酒 スコッチウイスキー

アルコール comments(0) trackbacks(0) aris
JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:日記・一般

昨日に続いて 今日も 息子のスコッチを

飲むのは 同じく LAPHROAIG(ラフロイグ) 

癖になりつつあるのか・・もと 思いつつ 

ロックに近い水割りで

本来は ロックで そばに水を置いての飲むのが通でしょうか


そんな事を思いながら 今まで ご相伴にあずかった 息子のスコッチ

気にしていなかった・・ どんな銘柄を飲んでいたのか

台所に 空き瓶はないかと

瓶はないが筒のケースが2本

GLENDRONAC(グレンドロナック)、Bowmore(ボウモア)

いずれも シングルモルト 12年もの

味のほうは 記憶にないが 由来を調べてみた。

以下 いずれも スコットランド地方の 土地や島の名前からくるもののようだ。

門外漢にはよく分からない。

<GLENDRONAC(グレンドロナック)>
・GLENDRONACHは蒸留所、製造方法はかたくなに伝統をを守っている。大麦はほとんど地元産を使用し、一部でフロアモル   ティングも行う。発酵槽はオレゴン松製、スチルは石炭の直火焚きと、創業時のやり方をいまも踏襲している。
グレンドロナックとはゲール語で「黒イチゴの谷」の意味、スパイシーで華やか。ドライでバランスがよい

・蒸溜所は1826年、ハイランド地方ハントリーの郊外で創業いたしました。 1996年まではフロアモルティングを行い、すこしピートの効いたモルトを生産していました。 また、石炭の直火焚きを最後まで行っていた蒸溜所で、大部分はティーチャーズやバランタイン17年などのブレンドに使用されていました。 2008年にベンリアック・ディスティラリー社がオーナーとなり、限定品のリリースが増えている。



<Bowmore(ボウモア)>
・ボウモア(Bowmore)は、スコットランドの西の海、アイリッシュ海に連なるヘブリディーズ諸島のひとつ、アイラ島にある村である。同島の行政上の中心地として機能する。その名は同島の著名なシングルモルト・ウイスキーの蒸留所であるボウモア蒸留所にとられ、同蒸留所で製造されるスコッチ・ウイスキーの銘柄の名前にもなっている。Bowmoreはゲール語で「大きな湾」の意








 


ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」



コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM